パラベンフリーのコンシダーマル。肌へのメリットとデメリットは?

MENU

パラベンフリーのコンシダーマル。肌へのメリットとデメリットは?

 

毎日肌につける化粧品には、色々な美容成分だけでなく、添加物も使用されています。

 

コンシダーマルは、無香料無鉱物油無着色パラベンフリーアルコールフリー5つのフリーを実現した肌に優しい美容液

 

オーガニックコスメが注目される近年、「パラベンフリー」の化粧品も増えつつあるので、ここではそこに重点を置いて見てみましょう。

 

化粧品にパラベンを使用するメリットとデメリットは、どのようなことがあるのか…説明していきますね。

 

>>コンシダーマルの公式サイトはこちら

パラベンって何?

パラベンの正式名称は「パラオキシ安息香酸エステル」。

 

主に化粧品や、医薬品の防腐剤として利用されています。

 

また、石油を精製する時にできる成分で、食品にも使われることも。

 

パラベンはとても強い殺菌力がありますので、化粧品などの腐敗を防止して長期保存する働きが特徴

 

化粧水や乳液などの基礎化粧品で使用されていますが、中にはパラベンフリーを表示して、使用していないことをアピールした商品も増えつつあります

 

パラベンフリーのメリットについて

 

パラベンフリーの化粧品が話題になる理由のひとつとして、パラベンはホルモンの働きを乱し、アレルギーを招く恐れがあるといわれています

 

そのため、肌に安全に使用ができる化粧品には「パラベンフリー」=安心というイメージが定着していますよね。

 

パラベンフリーの化粧品を使うメリットは、肌への刺激が少なく、敏感肌や乾燥肌、アレルギーの方でも安心できるという点。

 

パラベンは全部で5種類あり、なかにはとても毒性が強いものがあるため、化粧品を使って肌がひりひりしたり赤みが残るような場合は、添加物が原因である可能性があるのです。

 

化粧品を購入する時は、つい効果が気になりますよね。

 

コンシダーマルを最安値で買うには?公式HPかAMAZON、楽天?

 

しかし、毎日継続して使用すると、極微量の防腐剤でも肌には負担が蓄積されていくので注意が必要です。

パラベンフリーのデメリットはある?

パラベンは、化粧品などの防腐剤として使用されています。

 

化粧品は、蓋を開けた瞬間から外部の雑菌が中に入り、時間が経過するとともに腐敗してしまいます

 

また化粧品を手に乗せた時に、皮膚の雑菌と混ざってしまうこともありますので、そんな時にパラベンの殺菌力が有効であるともいえます。

 

パラベンフリーのデメリットとしては、化粧品を早めに使いきらないといけない点がありますので、取り扱いはメーカーの指示通りにした方がよいでしょう。

 

パラベンの使用量は日本では化粧品基準により、上限が1%と決まっています。

 

市販の化粧品で使用される量は、それ以下の0.5%程度ともいわれていますので、肌には害が少なく製造されています

まとめ

パラベンフリーの化粧品には、メリットとデメリットがあることがわかりました。

 

いくら安全性が強調されても、やはり長期的に肌に使えば負担がまったくないわけではありません

 

使用する人の肌のコンディションにもよりますので、できるだけ安全に使用するには、パラベンなどの添加物が入っていないものが安心ですね。

 

また、肌に付着する菌は、空気の中にも多く存在しています。

 

化粧品に殺菌力があったとしても、完全に菌を殺菌することは不可能なため、無添加化粧品をうまく使用しながら肌を丈夫にすることが必要ですね。

 

肌にも優しく、美肌効果の発揮が期待できるコンシダーマルを試しに使ってみてはいかがでしょうか。

 

パラベンフリーのコンシダーマル。肌へのメリットとデメリットは?