知らないと損!コンシダーマルの成分EGFの美肌を作る働きとは?

MENU

知らないと損!コンシダーマルの成分EGFの美肌を作る働きとは?

 

化粧品に配合されている成分って、一見聞きなれないものが沢山あり、選ぶ時にどれがいいのか迷ってしまいますよね。

 

近年、注目されている成分の一つ「EGF」。

 

コンシダーマルにも含まれていますが、美肌に欠かせない成分と言われています。

 

ここでは、EGFの働きやどんな特徴があるのか解説していきましょう。

 

>>コンシダーマルの公式サイトはこちら

ノーベル賞受賞した成分

EGFは、なんとノーベル賞を受賞している成分で、肌再生に欠かせない成長因子です。

 

アンチエイジングは、肌細胞の衰えが問題になり、若返るには新陳代謝を活発にするなど、あらゆる角度からアプローチが必要になりますよね。

 

EGFは人間が本来持っている成長因子で、53個のアミノ酸から作られているタンパク質の一つ

 

皮膚や唾液、母乳にも含まれる成分で、アメリカの生物学者により発見されました。

 

EGFは、火傷で損傷した皮膚再生など医療現場でも幅広く利用され、厚生省で2005年に化粧品の成分として認可されました

老化を食い止める抜群の働きに注目

EGFは、アンチエイジングにメリットをもたらす成分で、化粧品で使用されることが増えています。

 

コンシダーマルに含まれるアンチエイジング効果のある成分については、「コンシダーマルに含まれる発酵プラセンタって?肌に嬉しい効果とは?」でも詳しく解説しています。

 

そもそも成長因子といっても種類は色々ありますが、ターンオーバーを活性化するEGFは、表皮細胞を増殖する働きがありますので、シミやしわ、肌の硬化などの予防効果が高いのです。

 

さらにEGFは、皮膚細胞のDNAと細胞分裂させるシグナル因子の働きも兼ねているので、古い角質層から新しい角質層へスムーズに生まれ変わる特徴もあります

 

年齢ともに、化粧品の効果って感じにくくなりますよね。

 

それは、肌の細胞レベルの働きが劣化していることが原因。

 

目立つシミやしわ、くすみなどは表面のお手入れでなく、細胞の成長を活性化させることで根本から改善することができるのです。

EGFを配合しているコンシダーマル

 

EGFの働きは、年齢肌に欠かせないメリットが色々あります。

 

実際に普段のお手入れでEGFを使うには、成分として配合された化粧品を選ぶことが手っ取り早い方法。

 

なかでもオススメは、オールインワンローションのコンシダーマル

 

浸透性を高める役割もあるEGFは、コンシダーマルの美容効果をさらにアップする働きにつながり、角質層よりもさらに奥の表皮細胞まで有効成分をしっかり吸収させることができます

 

コンシダーマルは、今話題のラメラテクノジーを使っています。

 

コンシダーマルはラメラ構造の美容液!美肌を目指す人が注目する理由

 

ラメラテクノロジーは、ずば抜けた浸透力で人気がありますが、EGFという貴重な成長因子を配合しているため、さらにアンチエイジングのパワーアップにつながる点が魅力です。

まとめ

コンシダーマルを約2か月間、朝と夜1日2回使用したところ、表皮の新生細胞が284%、最高で835%も成長率を伸ばしたというデータがあります。

 

肌の老化対策はもう無理」と諦めている50代以降の方でも、EGF配合のコンシダーマルならまだまだ効果が発揮できるのです。

 

美容成分の種類よりも、細胞を活発にする浸透性が何よりも必要ですね。

 

アンチエイジングに効くEGF配合のコンシダーマル、試してみる価値はありそうですよ!

 

知らないと損!コンシダーマルの成分EGFの美肌を作る働きとは?